目元の印象を良くする|女性のコンプレックスは美容外科で解決しよう
婦人

女性のコンプレックスは美容外科で解決しよう

目元の印象を良くする

レディ

銀座の美容外科クリニックで最も人気の施術が、目元の施術です。二重にしたり、眼瞼下垂の治療などを行なう人が多いです。日本人女性は一重の割合が多数を占めていますが、くっきり二重に憧れるでしょう。二重にして目が大きくなるとノーメイクでもある程度は自分の顔に自信を持てるようになりますし、化粧乗りが良くなるためメイクが楽しくなるはずです。今よりももっと女性らしく生き生きとした人生を過ごしたいと思っているなら、銀座の美容外科クリニックで二重施術を受けてみましょう。
二重施術には埋没法と切開法の2種類があります。埋没法はメスを使わないため、皮膚への負担が少ないです。二重ラインに糸を固定させて二重を作るため、どなたでも気軽に受けられるでしょう。施術後は多少患部が赤く腫れますから、整形をしたことを知られたくない場合は、症状が緩和するまでの間は仕事や学校をお休みにした方が良いかもしれません。この埋没法の施術時間は10~15分くらいであっという間に終わり、メイクをする感覚で受けられるのが魅力的です。費用は3~12万と大きな差があるので、銀座にあるいくつかの美容外科クリニックの費用をチェックしてください。
続いて切開法ですが、こちらは埋没法とは違いまぶたにメスを入れて二重ラインを作ります。まぶたが腫れぼったく糸で二重を作るのが難しい人や、二重まぶたの期間を長くしたい人に最適です。切開をすると不要な脂肪を除去することができるため、まぶたがすっきりとします。埋没法の持続期間が3~10年に対して切開法はほぼ永久的となっているので、再度施術を受けるような手間がありません。施術時間は20~30分となっており比較的短時間で終了します。そして、費用は15~30万くらいです。

女性の中には眼瞼下垂と言って上まぶたが垂れてしまい、目が開けづらい症状に悩んでいる人もいます。症状が悪化すると視界が見えづらくなり、車の運転ができないなど日常生活にも支障をきたしています。ですから最近、上まぶたが垂れ下がってきたかもしれないと異変に気付いた場合は、銀座の美容外科クリニックで早期に眼瞼下垂の施術を受けるようにしましょう。眼瞼下垂の施術はまずまぶたを切開します。そして、まぶたが引き上がるように縫合をするのです。そうすることで目がしっかりと開き視界が良好になります。効果持続期間が10年~15年となっているため、比較的若い年齢で施術を受けた場合は再度施術を受ける可能性もあるでしょう。費用は30~60万と高額ですから、内容をしっかりと確認した上で施術を受けてください。